トヨタ「86」 今さら乗ってみた

発売1年の軌跡、日本のスポーツカーは今

ただ、「実際に買う人は全体の1%以下でも、若い人の中には潜在的にスポーツカーを欲しいと考えている人は少なくとも20%はいるのではないか」と喜馬氏は言う。それにスポーツカーは、自動車メーカーにとってのブランドイメージを象徴する存在でもある。フェラーリやポルシェ、国産では日産の「GT-R」など乗っている人は少ないが、買えるかどうかを別にしても憧れや親しみを抱いている人は多い。

MT車(手動変速)車は「心・技・体」がそろわなければうまく走らせることができない

今回の取材に当たって、今さらながら「86」を公道でも走らせてみた。記者はかつて某自動車関係会社に勤め、小型車から高級車、スポーツカーなど、さまざまな車種を乗り比べた経験がある。クルマのことは一般の人より、少しだけだが詳しい。

個人的な感想になってしまうが、「86」は真っ直ぐに走らせているだけでも「ワクワクする」クルマだった。スピード感、エンジンやマフラー(排気管)の心地よい音、カッコいい内外装。コーナーでは思った以上に曲がり、絶対的ではないが十分な速さがある。車両本体価格300万円ぐらいのクルマがこんなにも楽しいとは。自家用で今、乗っているミニバンでは絶対に感じられない。

海外では日本の2倍近い販売実績

トヨタは「86」を欧州など海外でも販売しており、今年3月末までの輸出累計台数は約4万7700台と国内の2倍近い。海外ではスポーツカーは、日本ほど廃れていないということだろう。

クルマは単なる移動の道具か。確かにそうだが、それだけでもない。所有する満足感、走らせる楽しみを感じるクルマもある。その一つがスポーツカーだ。憧れを持っているのは若者だけでもないだろう。かつて熱狂した中高年世代も条件が許せば、購買意欲を持つ可能性はある。日本の自動車メーカーは、スポーツカーの魅力をまだまだ伝えきれていないのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。