米国は絶好調だが、「欧州爆弾」炸裂に備えよ

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

しかも住宅の着工件数も、今のペースでは年間100万件を超えることになり、要するに過去のアメリカの平均的な住宅着工件数にもどりつつある、という事になります。リーマンショックと言うのは本当にダメージが大きく、この着工件数は50万件ほどまで落ち込んだので、それが倍になると考え下さると、どれだけの景気回復のインパクトがあるか、はかりしれません。

私は個人的にこの住宅関連に対する数々の政策・・・差し押さえ禁止、ローンの借り換えの促進などなど・・・・を執行したオバマ大統領に対する評価があまりにも過小評価ではないかと常々思っているくらい、2008年のリーマンショック後の住宅市場を活性化させた彼の手腕は高く評価されるべきです。

ついでに、忘れてしまっているかもしれませんが、あのGMでさえ、倒産させて回復させたというのは考えようによっては大変な事であって、どうも彼の能力が過小評価されているのが気になりますね。

欧州は時間を買っている最中。このままだと「ヤバい」

さて、そのアメリカはシェール革命もあり絶好調としても、一方の欧州はどうでしょう。

これは前白川方明日銀総裁がおっしゃったとおりで、いまECBが「時間を買っている」最中なのです。さまざまな手法を駆使して国債を買いまくっているわけですが、買っているものが基本的につぶれそうな国の国債ばかりだ、ということを忘れないでください。

つまり刻一刻とECBのバランスシートは劣化し続けていて、その意味では「異次元緩和」をやっている日銀のバランスシートが毀損するといっても、それは日本国債を買っているわけですから、イタリアやスペインなどの国債を短期的かつ集中的に買っているECBとは、それこそ「次元が違う」のです。

彼らのバランスシートの毀損はすさまじく、ECBの総資産のうち50%までもがそういう国債ばかりになってしまった時に、ユーロなどと言う通貨が果たして流通できるのかどうか、これは相当壮大な実験なのです。

こうしているうちに時間は少しずつ失われており、この間に失業率が改善するとか、製造業が復活するなど、なにがしかのプラスが出てこないといけないわけですが、問題のギリシアはもちろん、スペイン、イタリアに至っては失業率が25%!! という有様です。4人に1人が失業しているというのは一体どういう世界なのか・・・・日本の失業率がせいぜい4%程度ということからすれば、それは比較にならない世界なのです。

次ページや、やっぱり「時限爆弾」は…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT