ポスト・モンティ体制を巡るローマ人の物語

景気・経済観測(欧州)

米国で“財政の崖”からの転落がひとまず回避され、一息ついたのもつかの間、新たな市場の不安材料となりそうなのがイタリアの政治情勢だ。2月24・25日に総選挙を控えるなか、各政党間で政治的な駆け引きが活発化している。総選挙後の政情不安や改革路線の後退を巡る思惑が、市場の動揺を誘いかねない。

モンティ首相(現・暫定政権首相)が率いる非政治家による実務家(テクノクラート)政権は、2011年11月の発足以来、主要政党の支持を得て、矢継ぎ早の改革を実行し、国際社会から高い信認を得てきた。だが、厳しい財政緊縮と深刻な景気の冷え込みに、国民の間では不満の声も広がっている。

党勢回復の機会をうかがっていたベルルスコーニ前首相が率いる中道右派の“自由の人民”は、モンティ政権への批判を強め、昨年12月には支持撤回を表明した。議会最大会派の支持を失ったモンティ首相は、安定的な政権運営が困難になったと判断し、議会の解散を決断した。

イタリア政局~問われる新政権の改革意欲

欧州債務危機の次の標的と目されてきたイタリアだが、最近では国債利回りの上昇が一服するなど、危機の波及懸念が薄らいでいる。モンティ首相の改革手腕が高く評価されてきたことに加え、昨年7月にドラギECB(欧州中央銀行)総裁が「ユーロ防衛にいかなる措置も辞さない」と発言、9月には金額の上限を設定しない新たな国債購入策(OMT)を発表したことで、危機波及を食い止めている。

ただ、イタリアのプライマリーバランスは黒字基調を保っているものの、公的債務残高の対GDP(国内総生産)比率はユーロ圏でギリシャに次いで高い。硬直的な労働市場、非効率なサービス業や公益企業、脱税や汚職の蔓延、慢性的な低成長など、多くの構造問題を抱えている。

こうした問題には即効薬がなく、モンティ政権下で着手した改革の成果が現れるまでには、財政再建と構造改革での継続的な取り組みが必要になろう。総選挙後に誕生する新たな政権が、改革路線を踏襲するのかどうか、市場参加者は固唾を飲んで見守っている。

次ページ複雑なイタリアの選挙制度
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。