アップル、ロシアで電子決済サービスを開始

ロシアは10番目の国に

 10月4日、米アップルは4日、ロシアで電子決済サービス「アップルペイ」を開始した。写真はアップルウォッチで電子決済を実演する様子。モスクワ市内で3日撮影(2016年 ロイター/Masim Zmeyev)

[モスクワ 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、ロシアで電子決済サービス「アップルペイ」を開始した。

米国、英国、カナダなどでもすでに開始されており、ロシアは10番目の国となった。

ロシアでは国内最大手銀行ズベルバンク<SBER.MM>、米クレジットカード大手マスターカード<MA.N>との提携でサービスを提供する。

ユーザーは「iPhone(アイフォーン)」を決済端末にかざし、タップすることでコーヒーや電車の切符が購入できるようになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT