アップル、ロシアで電子決済サービスを開始

ロシアは10番目の国に

 10月4日、米アップルは4日、ロシアで電子決済サービス「アップルペイ」を開始した。写真はアップルウォッチで電子決済を実演する様子。モスクワ市内で3日撮影(2016年 ロイター/Masim Zmeyev)

[モスクワ 4日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は4日、ロシアで電子決済サービス「アップルペイ」を開始した。

米国、英国、カナダなどでもすでに開始されており、ロシアは10番目の国となった。

ロシアでは国内最大手銀行ズベルバンク<SBER.MM>、米クレジットカード大手マスターカード<MA.N>との提携でサービスを提供する。

ユーザーは「iPhone(アイフォーン)」を決済端末にかざし、タップすることでコーヒーや電車の切符が購入できるようになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT