「日本株を買うなら11月以降が良い」ワケ

相場の見極め方には「簡単なコツ」がある

日本株で儲けたいなら、11月以降?(写真:まちゃー/PIXTA)

日経平均株価の1万7000円超えは、簡単ではありませんでした。前回の記事「日経平均1万7000円以上は買い転換のサイン」では、まず、今年の初めから8月末までの東証1部の「価格帯別累積売買代金」(過去に売買が成立した売買代金を、価格帯ごとに集計したもの)をご紹介しました。そのうえで、「1万6500円~1万7000円の価格帯には138兆円(9月13日現在では150兆円)とその前後の価格帯に比べて多く積み上がっているため、1万7000円を上回ると上値が軽くなる可能性が高い」とコメントしました。

しかし、先週は逆に1万6500円を下回る場面があるなど、やや不安定な流れに変わりつつあります。昨年までの過去7年間、9月限の「メジャーSQ」(SQは特別清算指数、オプションと先物のSQが重なる場合を呼ぶ)算出日を通過したあとは、しばらくすると下げる傾向があるというのも、納得すべき動きです。

相場は上向きか下向きか、判断のツールとは?

相場の長期トレンドが上向きなのか、下向きなのかを判断するのに、チャート分析では一般的に「200日移動平均線」(1万6884円、9/20現在)の傾きで判断します。日経平均株価は9月上旬に、傾きが下向きの200日移動平均線で頭打ちとなり、短期トレンドが上向きなのか、下向きなのかを判断する「25日移動平均線」(1万6707円、同)を下回っている状況にあります。

25日移動平均線は株価の短期的な動きによって、頻繁に上向いたり、下向いたりするため、さほど気にする必要はありません。しかし、200日移動平均線は「200営業日」の値動きを表すものなので、株価の短期的な動きで傾きがそうそう変わるものではありません。今回のように下向きで推移していると、株価の「上値のフシ」(竹の節のように、節目になりやすい)になりやすく、なかなか上回ることができません。

次ページいまから200日前の日経平均はいくらだったか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。