ロンドン五輪・闘将の「育てて勝つ」流儀

ロンドン五輪サッカー代表監督 関塚隆氏に聞く

川崎フロンターレの監督を惜しまれつつ退任した後、関塚氏にはオリンピック代表を目指す若きU-21日本代表チームの監督オファーが届く。しかし、すばらしいチャンスに奮い立つ気持ちの一方で、一抹の迷いもあったという。最終的な決め手となったのは、追求してきた「育てて勝つ」マネジメントへの自信だった。

2010年8月、ロンドンオリンピックを目指すU―21日本代表の監督オファーが来たとき、わたしはこのすばらしいチャンスをつかみたいと強く思いました。

しかし、そこには一抹の迷いがあったのも事実です。

わたしは31歳で指導者になってからずっと、クラブのコーチ、監督をしてきました。しかし、一言でサッカー監督といっても、代表の監督とクラブの監督ではだいぶ仕事の内容が違います。

早稲田大学の監督の後、Jリーグが開幕してからは鹿島アントラーズなどで11年間コーチをつとめました。その後、監督としてJ2の川崎フロンターレをJ1に昇格させ、フロンターレは優勝争いをするまでのチームになりました。

しかし、代表は国を背負った戦いですし、各クラブチームから選手を選抜して戦うという点でもリーグ戦とは違います。その重責は感じました。

また、わたしは選手として代表候補まではなりましたが、実際には日本代表に選ばれたことはありませんでした。そんな自分がU―21の代表監督にふさわしいかどうか。

これまでの日本人の代表監督は皆、選手としても代表を経験していましたから、自分のなかでこのような点について考えをまとめる時間が必要だったのです。

チーム作りは「人作り」

そのように自分自身を見つめ直す中であらためて気づいたのは、わたしが「育てて勝つ」タイプの指導者であるということでした。

チーム作りとは、人作りでもあります。

チームが強くなるためには、一人ひとりの個の力が強くならなくてはいけません。その点では、「育てながら勝つ」ということが必要不可欠です。

コーチ、監督の経験の中で、鹿島アントラーズでは小笠原満男、中田浩二、本山雅志、曽ヶ端準、川崎フロンターレでも中村憲剛、川島永嗣といった若き才能と出会い、日本代表に送り出すこともできました。

このような自分の背景を振り返っていくなかで、若きU―21日本代表の監督を引き受け、ロンドンオリンピックに導くという重責を担うという決断に至ったのです。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。