ロンドン五輪・闘将の「育てて勝つ」流儀

ロンドン五輪サッカー代表監督 関塚隆氏に聞く

監督はチーム全体を見る

早稲田大学の監督に就任した当初は、マネジメントで苦労もしました。

選手と指導者は立場が違うので、見方が全然違います。選手はとにかく自分のプレーに集中しなくてはいけませんが、監督としてはチーム全体を見なくてはいけません。

大学のサッカー部の選手は学生ですから、アルバイトと両立している選手もいました。その中で、アルバイトとサッカー選手としてのトレーニングのどちらを重視するのか。そこはわたしがしっかりと線を引いてやらなくてはいけませんでした。ア式蹴球部は大学から公式に認められた体育会の部なのですから、しっかりとトレーニングを優先してほしいと、監督として伝えました。

(C)J.LEAGUE PHOTO

当時は年齢も選手と近く、選手にとっても身近な存在だったと思います。もちろん、選手になめられるようではいけませんから、近すぎず、遠すぎずという距離感を大事にしていました。

試合をして、その内容をフィードバックして反省点をトレーニングに反映させ、次の試合に結び付ける。これを大学の監督時代にわたしのマネジメントスタイルとして築き上げました。

次ページ選手との出会いが財産
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。