クルマは日本を救えるか

日本経済の牽引役に期待がかかる

(Getty Images)

日銀による「異次元緩和」の下、円相場は一気に1ドル=100円を試すところまできた。昨年秋まで超円高に苦しめられてきた日本の自動車メーカーの業績が、一段と上向くとの期待が強まっている。

 前2013年3月期の業績は、盟主・トヨタ自動車が連結営業利益1兆円の大台を回復したほか、各社とも大幅な増益になったもようだ。

今14年3月期もさらに業績拡大が続きそうだ。円安がさらに進めば、今期に過去最高益を更新する企業が増えることが予想される。

トヨタの場合、対ドルで1円円安になると350億円の営業増益となる。前期の為替レートは期中平均で1ドル=83円。仮に今期が100円程度で推移するとすれば、為替効果だけで6000億円にも達する。

日系自動車会社トップはかねがね「適正水準は1ドル=100円台」と口をそろえて強調してきており、それが実現すれば大きな「くびき」が外されることになる。

主要自動車メーカーの株価はすでにリーマンショック直前の水準を上回り、株式市場は最高益更新を織り込み始めたといえる。だが、目下の業績回復が為替の反転に依存しただけのものなら、00年代前半の「円安バブル」の轍を踏むことになりかねない。

次ページ米国市場が急速に回復
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT