スポーツオーソリティ、「日本好調」の理由

米本社は今年3月に経営破綻したが・・・

スポーツ用品業界では現在、「アスレジャー」と呼ばれる市場が伸びている。アスレチック(運動競技)とレジャー(余暇)を組み合わせた造語で、日常生活で使うようなスポーツウエアやシューズのことだ。

ほかのスポーツ用品大手が、競技スポーツ中心の品揃えから、なかなかシフトできないでいる中、オーソリティが手掛けるコーナーズは、拡大する「アスレジャー」市場を取り込んでいる。

サービスや体験型消費を強化

将来の屋号変更も示唆する、メガスポーツの神谷社長(撮影:今井康一)

そのほか、2020年東京五輪の追加種目に採用されたスポーツクライミングの一つ、「ボルダリング」のスペースを設けたり、単価5万~10万円のスポーツバイク(自転車)を扱う、アウトドアに特化した店も徐々に増やしている。

「サービスや体験型消費を強化する」(神谷社長)という狙いがあるからだ。

メガスポーツは8月にイオンの100%子会社になったが、「スポーツオーソリティ」の屋号と、PB(プライベートブランド)商品のネーミングライセンスは、「東京五輪後まで使用できる契約を結んだので、当面変わりなく使える」(神谷社長)。

だが、東京五輪後、契約が切れるころには「メガスポーツの事業内容もスポーツ専門店から変わってきているだろう。そのときにオーソリティの屋号がいいかどうかという問題もある」(神谷社長)と屋号の変更も示唆する。専門性を武器に、「オーソリティ」ブランドに頼らずとも勝負できる会社に変貌を遂げられるか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。