撤退?継続?セブン傘下「バーニーズ」の前途

グループ改革案の発表を前に六本木で新店

9月16日にオープンするバーニーズニューヨーク六本木店。フォーマルな商品の多い他店より、ファッション性を重視した品ぞろえ(記者撮影)

東京・六本木。国立新美術館と東京ミッドタウンの中間に位置する交差点沿いに、あの高級セレクトショップが約5年ぶりの出店を果たす。

バーニーズジャパンは9月16日、日本で第6号旗艦店となるバーニーズニューヨーク六本木店を開店する。5年前に福岡でオープンして以来の新店で、東京都内では新宿、銀座に続く3店目。2015年春に六本木進出を決断し、約1年半をかけて出店に至った。

2階奥にはカフェスペース

吹き抜け空間には大きな松の木

店内に入ると高さ9メートルの吹き抜け空間に、大理石を使用した階段や什器が目にとまる。商品構成はメンズ244、ウィメンズ108ブランドにのぼり、フォーマルな商品が多い他のバーニーズ店舗と比較すると、ファッション性に重きを置いた品ぞろえに特徴を持つ。2階奥にはカフェスペースを設けた。

コーヒーなどが飲めるカフェスペース

バーニーズジャパンの2016年2月期の売上高は217億円(前期比4.3%増)、本業の儲けを示す営業利益は6.7億円(同1.7%増)。6年前の2010年2月期は3.0億円の営業赤字だったが、翌2011年2月期に黒字転換して以降、少しずつではあるものの、増益基調を保っている。

実はバーニーズジャパンはコンビニエンスストア「セブン-イレブン」や総合スーパー「イトーヨーカドー」と同じ、セブン&アイ・ホールディングスの傘下である。

バーニーズジャパンは、1989年に伊勢丹とバーニーズニューヨークの提携によって設立され、1990年に新宿で1号店をオープンした。2006年には伊勢丹がバーニーズジャパンの株式を、東京海上キャピタルが運営するファンドと住友商事に売却。その後、2014年1月に東京海上キャピタルの投資ファンドから、2015年2月に住友商事から、セブン&アイが株式を取得し、完全子会社化した。

次ページセブンが取得した狙いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT