撤退?継続?セブン傘下「バーニーズ」の前途

グループ改革案の発表を前に六本木で新店

9月16日にオープンするバーニーズニューヨーク六本木店。フォーマルな商品の多い他店より、ファッション性を重視した品ぞろえ(記者撮影)

東京・六本木。国立新美術館と東京ミッドタウンの中間に位置する交差点沿いに、あの高級セレクトショップが約5年ぶりの出店を果たす。

バーニーズジャパンは9月16日、日本で第6号旗艦店となるバーニーズニューヨーク六本木店を開店する。5年前に福岡でオープンして以来の新店で、東京都内では新宿、銀座に続く3店目。2015年春に六本木進出を決断し、約1年半をかけて出店に至った。

2階奥にはカフェスペース

吹き抜け空間には大きな松の木

店内に入ると高さ9メートルの吹き抜け空間に、大理石を使用した階段や什器が目にとまる。商品構成はメンズ244、ウィメンズ108ブランドにのぼり、フォーマルな商品が多い他のバーニーズ店舗と比較すると、ファッション性に重きを置いた品ぞろえに特徴を持つ。2階奥にはカフェスペースを設けた。

コーヒーなどが飲めるカフェスペース

バーニーズジャパンの2016年2月期の売上高は217億円(前期比4.3%増)、本業の儲けを示す営業利益は6.7億円(同1.7%増)。6年前の2010年2月期は3.0億円の営業赤字だったが、翌2011年2月期に黒字転換して以降、少しずつではあるものの、増益基調を保っている。

実はバーニーズジャパンはコンビニエンスストア「セブン-イレブン」や総合スーパー「イトーヨーカドー」と同じ、セブン&アイ・ホールディングスの傘下である。

バーニーズジャパンは、1989年に伊勢丹とバーニーズニューヨークの提携によって設立され、1990年に新宿で1号店をオープンした。2006年には伊勢丹がバーニーズジャパンの株式を、東京海上キャピタルが運営するファンドと住友商事に売却。その後、2014年1月に東京海上キャピタルの投資ファンドから、2015年2月に住友商事から、セブン&アイが株式を取得し、完全子会社化した。

次ページセブンが取得した狙いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。