ローソン、三菱商事子会社化で狙う2つのこと

商品力向上と海外展開強化で挽回目指す

三菱商事はローソンへの出資比率を引き上げ、子会社化する方向で検討を進めている(記者撮影)

「ローソンとしても成長させていくことは徹底的にやる。ただ、今の(海外市場の)成長速度だと人手が足りない。そういう意味では要所要所でリーダーシップを発揮できる人材の支援が必要となる」。2016年7月に中国・上海市内で行われた会見で、ローソンの玉塚元一会長は三菱商事との連携についてこう語っていた。

三菱商事はコンビニエンスストアの国内店舗数3位のローソンを子会社化する方向で検討に入った。TOB(株式公開買い付け)を実施し、出資比率を現在の33.4%から過半数以上への引き上げを目指す一方、ローソンの上場は維持する方針だ。

3位に転落したローソンの挽回策

9月1日にはファミリーマートと「サークルKサンクス」を持つユニーグループ・ホールディングスが経営統合し、店舗数や国内売上高でローソンを抜いて2位に躍り出た。

また、店舗数首位のセブン‐イレブンに対してローソンは、日販(1日当たりの1店売上高)で約11万円少ない。コンビニ業界での埋没を避けるためにも、三菱商事のバックアップを強固にしたいというローソンの思惑が垣間見える。

今回の出資比率の引き上げに関しては、すでに伏線があった。

次ページローソン子会社化への伏線とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。