10周年「ファミチキ」が決める"統合"の行方

サークルKサンクスでもファミチキを販売?

「僕は毎日食べている」(ファミリーマートの上田準二会長)。ファミチキの6月7日の新商品発表会。上田会長の隣はCMキャラクターの納富有紗さん。(記者撮影)

「コンビニの新商品は1年間で70%が消えていく。その中で10年続いていることは、非常にうれしくありがたいことだと思っている」

ファミリーマートの看板商品「ファミチキ」の生みの親である上田準二会長は満面の笑みでこう語った。

発売10周年で初の新フレーバー

「甘辛味」と「だし旨醤油味」の2種類が新たに加わった(記者撮影)

ファミリーマートはファミチキ発売10周年を迎える6月から「ファミチキ大感謝祭」と銘打ったキャンペーンを実施する。

ファミチキ初となる新フレーバーの「甘辛味」、「だし旨醤油味」(いずれも税込180円)を販売するほか、ファミチキ1カ月分や関連グッズが当たる企画も行う。

ファミチキが登場したのは、さかのぼること10年前の2006年。当時のフライドチキンは骨付きが一般的だったのに対し、ファミチキは骨なしで手軽に食べられる点を意識して開発された。

販売数は年々伸び続け、2015年3月~2016年5月のファミリーマート全店の売り上げ順位で、ファミチキは全3600アイテム中1位を記録。特に20~30代男性からの支持が厚く、2017年2月末には累計販売数が10億個に達すると見込まれている。

次ページチキンに力を入れるコンビニ各社
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。