ファミマが繰り出した「夜間の品揃え」改善策

ユニーとの9月統合を控え、FC契約を変更

サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループと9月に経営統合するファミマ。夜の品ぞろえを充実させて、王者セブン-イレブンとの差を縮めたい(撮影:尾形文繁)

上場廃止前、最後となる決算は巨額の最終赤字で終わった――。

ユニーグループ・ホールディングスは7月上旬に2016年度第1四半期(3~5月期)の決算を発表した。9月のファミリーマートとの経営統合を控え、8月29日に上場廃止となるため、ユニーグループとしての決算発表はこれが最後だった。

売上高にあたる営業収益は2509億円と前期比0.4%増にとどまったものの、減価償却方法の変更やコスト削減の徹底で営業利益は88億円とほぼ倍増した。

「サークルKサンクス」が損失処理

一方、最終損益は114億円の赤字となり、前期の26億円の赤字から大幅に膨らむ結果となった。これはファミマとの統合を見据えて、損失処理を行ったからだ。

ユニーグループ傘下のコンビニエンスストア「サークルKサンクス」は9月以降、順次、ファミマへの看板替えを進める。その際に使用しなくなるコンビニの店舗システムや収益性の低い店舗について、減損損失を計上したことで赤字幅が増加したというわけだ。

統合に向けた取り組みは決算処理だけにとどまらない。7月5日にはファミマが新たに導入するフランチャイズ(FC)契約の内容を発表した。

通常、コンビニのビジネスモデルは、本部が加盟店に対して商品供給や販売指導を行う一方、加盟店はその対価として稼いだ利益から一定の割合をロイヤルティとして本部に納める、という構図で成り立っている。今回、ファミマはその中身を変更したのだ。

次ページ新たなFC契約の狙いとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。