ファミマが繰り出した「夜間の品揃え」改善策

ユニーとの9月統合を控え、FC契約を変更

見直した点は複数ある。一つは加盟店の店舗運営費を、本部がより多く負担していくという点だ。たとえば、本部が土地や建物を用意する契約の場合、年360万円までの水道光熱費は、これまで全額加盟店負担だった。が、新契約では9割を本部が負担することになった。

サンクスは9月以降、順次ファミマへ看板替えをする(撮影:尾形文繁)

弁当やおにぎりなどの廃棄ロスについても、これまで全額加盟店負担だったが、損失額の水準に応じて10~50%を本部が負担する。

そのほか、店舗運営支援金として、すべての加盟店を対象に、月額10万円(年額120万円)を本部が支払う。

その代わりに、加盟店が本部に納めるロイヤルティの額を、現状より1割程度増やした。

 今回の新FCプランは9月に導入する。サークルKサンクスからファミマに看板替えする加盟店はもちろん、既存のファミマ加盟店も、順次、新プランへの切り替えを進めていく予定という。

新たなFC契約プランの狙い

なぜ、こうした変更をする必要があるのか。ファミマは「加盟店に店舗運営に専念してもらうと同時に、夜間の品ぞろえの強化につなげて欲しい」と新プラン導入の狙いを説明する。

サークルKの店舗もファミマへ看板替えし、新たなFC契約を結んでいく(撮影:今井康一)

直近のファミマの2016年度第1四半期(3~5月期)の1日当たり1店売上高(日販)は51.4万円と、前年同期比1.3%増のプラスで着地。

だが、業界トップのセブン-イレブン・ジャパンの日販は64.5万円に上る。ファミマはサークルKサンクスとの統合によって、国内店舗数ではセブンに肉薄するものの、日販を比較すれば差は依然として大きい。

次ページセブンとの差の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT