ローソンが中国で取り組む「先進店舗」の正体

中国のコンビニは日本より洗練されている?

中国・上海にあるローソンの店内。日本よりも、おしゃれな印象だ

木目調でレイアウトされた、おしゃれな店内。レジカウンター横のイートインスペースでは、スマートフォン片手にくつろぐ若者の姿が目に入る。レジの横には、おでんや肉まんといったコンビニ定番の商品が、ぎっしり並んでいる。一見、どこにでもありそうなコンビニだが、実はこの店があるのは日本ではない。中国・上海市内にあるローソンの店舗なのだ。

今、ローソンが海外展開の強化に向けて、一段とアクセルを踏み込んでいる。7月18日に上海市内で行われた会見で、海外事業を担当する竹増貞信社長が、「2020年までに海外を3000~5000店規模に拡大する」と表明。その中心となる中国では、上海を中心に2000~3000店までの規模に拡大する計画だ。

中国1号店は20年前に出店

店舗の拡大に合わせるように、中国のローソン店舗も時代とともに変化してきた。1996年7月に日系コンビニチェーンとして中国に初めて進出。1号店が出店したときは行列が絶えなかったが、2000年以降は地場コンビニとの競争が激化し、出店数が停滞。その後、ローソンの中国事業の経営権を持っていた現地企業が、国策の一環で再編されてしまったことにより、日本から出向していていた駐在員が大幅に減らされた。

その結果、中国戦略が迷走。消費者が満足できるような品ぞろえができず、ブランドイメージは低下。セブン-イレブンやファミリーマートが順調に出店していく中、ローソンは一人負けの状態が続いていた。

こうした事態を受け、2009年から海外戦略の大幅見直しに着手した。2011年には現地企業から経営権を取り戻し、日本の本社が中国事業を主導することで、先進的な店作りができるようになった。

次ページコンビニ弁当は日本と中国でこんなに違う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT