ローソンが中国で取り組む「先進店舗」の正体

中国のコンビニは日本より洗練されている?

中国進出20周年記念イベントで檄を飛ばす玉塚会長

「ラグジュアリーのブランドであれば、同じ形態の店を世界各国で展開すればいいが、コンビニのような生活者に密着する小売業の場合、その地域ごとに合わせた店作りをしていく必要がある」。ローソンの玉塚元一会長はこう語る。

後塵を拝する海外事業、出店加速で追い上げる

現地に合わせた店作りに奔走するローソンだが、海外事業という面では日系コンビニの中で後塵を拝している。6月末時点のローソンの海外店舗数は865店。一方、セブン‐イレブンが4万1046店、ファミマが5992店と、桁違いの差をつけられている。

国内ではセブン-イレブンが1万8785店、ローソンが1万2484店、ファミマが1万1794店と、ローソンが2位につけているにもかかわらず。

中国1号店の前で会見する竹増社長(左)と玉塚会長(右)

競合との差を埋めるべく、出店を加速していきたいローソンだが、超えるべきハードルは低くない。

店舗数の拡大に合わせて、弁当やおにぎりを製造する中食工場の能力増強や、新工場の建設が必要となるほか、店舗を運営する加盟店オーナーの確保や現地社員の雇用も重要だ。

出店地域の嗜好をとらえた商品を展開しつつ、現地の法規制に合わせた店舗設計をしていくことができるか。ローソンにとっては険しい道のりとなりそうだ。

(写真は記者撮影)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。