自称デキる男が見逃す「話し方」3つのコツ

もしやTPOで話し方を変えていませんか

・コツ3:「意外とおもしろい」を武器にする

「感じがいい」と思わせる人は、意識的に場をなごませるような言動をしているものです。「きょうの料理」を担当する後藤繁榮アナウンサーは、番組の中でダジャレを言うことで視聴者の間で話題になっています。

ダジャレと言うと、「くだらないおやじギャグ」「言われても反応に困る」という印象の人もいるかもしれません。しかし、ダジャレもコミュニケーションの手段のひとつとしてとらえると印象が変わります。

後藤アナウンサーが、ダジャレを言うようになったことには理由があります。番組を担当し始めてまもない頃、料理研究家の先生に「後藤さん、こしょうをふってちょうだい」と言われたときのこと。お安い御用と胡椒をふったけれども、こしょうが出てこない……。それを見た先生に「後藤さん、蓋をしたままじゃないの」と指摘されたとき、瞬間的に「故障(こしょう)しているのかと思いました」と後藤アナウンサーが返しました。

このとき、現場にはカメラマンやディレクターなど十数人がいましたが、収録中だから笑ってはいけません。しかし、後藤アナウンサーには彼らがみんな声を殺して肩を震わせる様子が見えました。後藤アナウンサーは、次のように当時を振り返ります。

「このとき、スタジオが和んでいるぞ、と思いました。スタジオがいい雰囲気になっているということは、茶の間にも、そういう雰囲気が伝わるのではないか。考えてみれば、食べることは楽しいことだし、当然、作る時も楽しい気分で作ると、おいしい料理ができる。そういう雰囲気を作るのも私の役割のひとつではないかなと思ってから、『箸は端のほうにありました』などとダジャレを意識して言うようになりました」

ダジャレは人間関係の距離を近づける

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

ダジャレは場の雰囲気をなごませる、人間関係の距離を近づけるという効果があります。そういう意味では、目上の人などが、ダジャレを言うのは悪いことではありません。

NHKアナウンサーは、どちらかと言うと堅くて真面目というイメージをもっている視聴者が多いようです。でも、そんなアナウンサーがダジャレを言うと、意外と親しみやすいという印象になります。

有働アナウンサーが視聴者の支持を集めているのも、「NHKのアナウンサーなのに意外とおもしろいことを言う」という点にあるのかもしれません。こうした「意外に」というギャップは、人間関係で武器になります。

立場が上の人や真面目な人がダジャレや冗談を飛ばしたりすると、一気に場が和むことがあります。ダジャレを連発するのはおすすめできませんが、人間関係の距離を縮めるコミュニケーションツールとして活用することはできます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。