自称デキる男が見逃す「話し方」3つのコツ

もしやTPOで話し方を変えていませんか

・コツ2:TPOに関係なく、いつも同じように話す

仕事をしているときに、普段、友人や家族に使っている言葉遣いがふいに出てしまった……。そんな経験をしたことはないでしょうか。自分自身、恥ずかしい思いをしますし、相手に「言葉遣いを知らない人だ」と思われ、評価を落とす結果になりかねません。

「僕は朝起きてから夜寝るまで、話し方が変わらない」と語るのは、アナウンス室長を務めた経験をもつ渡部英美アナウンサー。

「毎日が本番」という意識でいることが大事

「職場での話し方と家での話し方はほぼ同じです。家でも敬語で話しますし、部下と話すときも同じ口調です。もちろん、テレビの本番でも、基本は一緒です。なぜなら、テレビに出演するときだけ言葉遣いを変えると、よそ行きの言葉になってしまうからです。だから、『毎日が本番』というつもりでいます。これができると、本番も自然体で話せるから楽なのです」

「小さな旅」で旅人を務める山田敦子アナウンサーも「仕事で使う言葉とそれ以外で使う言葉を使い分けることはしない」と言います。

「アナウンサーになって間もない頃、ある美術展の主催者にインタビューをする仕事がありました。このとき、私は『今回の美術展の“目玉商品”は何ですか?』と聞いてしまいました。美術作品に対するリスペクトがない言い方で、大変失礼なことをしました。なぜ、こんなことが起きたかというと、内部の打ち合わせの段階で度々出ていた“目玉商品”という言葉を無自覚にそのまま使ってしまったからです。気をつけていても、普段から使っている言葉や考え方は、ポロッと出てきてしまうものなのです。この失敗以来、日常で使う言葉にも注意を払い、不用意で乱暴な表現はしないように気をつけています」

普段から乱れた日本語や荒々しい言葉を使っている人は、要注意。仕事中など出してはいけないところで、そういう言い回しが口をついて出てしまいます。言葉は人を表すと言うように、非礼な言葉遣いや乱れた日本語は、その人の印象や評価に直結します。

仕事とプライベートで言葉遣いを分けるのは難しいという前提で、「普段の言葉」に気を配ってみることをおすすめします。それが「感じのよさ」にもつながります。

次ページ場を和ませるダジャレ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。