「好き嫌いで人事評価」はアリかナシか?

インテリジェンス創業者、鎌田和彦氏の好き嫌い(上)

楠木:どのあたりが評価されないと感じたのですか?

鎌田:自分勝手とは思わないけれど、人に命令されるのがあまり好きじゃないとか、自覚があるわけです。普通に会社員のルートを行けば、気に入らないことをさせられる羽目になると思っていました。

鎌田和彦(かまた・かずひこ)
アート・クラフト・サイエンス代表取締役会長

1965年神奈川県生まれ。88年慶応義塾大学文学部卒業、リクルートコスモス(現・コスモスイニシア)に入社。89年宇野康秀氏らとともにインテリジェンスを設立。99年同社代表取締役社長に就任。JASDAQ上場を実現するほか、数々の事業を展開、M&Aの推進などで、同社の発展に貢献。2008年同社を退任。2009年にアート・クラフト・サイエンスを設立。株式会社K&Aの代表取締役社長を兼務。著書に『奥さまはCEO』(牧野出版)がある。

楠木:学生時代を振り返っていただいて、こういうのがイヤだなあ、社会人として、こういうふうにはなりたくないなというイメージはありましたか。

鎌田:当時はバブルでしたから、学生企業に出入りする総合商社も都市銀行も勢いがあったし、エリートサラリーマンが集まっていたわけです。仕事もバリバリやっているし、夜はディスコでブイブイ言わせている的な。そういう人たち、たとえば、広告代理店の人も気に入りませんでしたね(笑)。

楠木:当時、六本木のザ・ハンバーガー・インの交差点を左に曲がったあたりにBMWで乗りつけていたような人たち(笑)。何が気に入らないのですか? 

鎌田:いや、実際にそういう人たちと出会ったわけではないのです。ただ、エリートサラリーマンは女性にモテるじゃないですか。簡単に言うと、女性にモテる若い勢力がムカついた。いや、若くなくても、カネを持っているおやじには女性が集まってくるからムカつくと(笑)。

楠木:メインストリーム感がとにかく嫌いだということですか。

鎌田:イヤですね。ピカピカなエリートみたいな人たちと一緒に仕事をして、評価されるイメージが湧かなかった。

次ページ営業より、アイデア出しが好き
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT