モラトリアム法終了で、倒産は急増するか

苦境続く中小企業 金融円滑化法の功罪

東京にある金属加工メーカーA社の経営者は3月中旬、取引のある金融機関5行を訪ね歩いた。3月末の中小企業金融円滑化法終了後の対応策を協議するためだ。

創業60年超、従業員約40名を抱えるA社は東日本大震災後に売り上げが激減、債務超過に陥った。円滑化法に基づき、取引銀行に元金の返済猶予(リスケジュール)を申請した。リスケは半年ごと計4回に及ぶ。

円滑化法の終了で、約定どおりの返済を求められれば資金繰りに窮する──そんな不安があった。が、金融機関の対応は意外なものだった。「1円でも元金を返済いただければ、それで結構です」。取引行5行が足並みをそろえ、約定の1割弱の返済を行っていくことで合意した。

「少し拍子抜けしたぐらい。でも、厳しい状況には変わりない。これからが大変だ」。経営者はそう気を引き締める。

次ページ行政指導で実質延長
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT