モラトリアム法終了で、倒産は急増するか

苦境続く中小企業 金融円滑化法の功罪

東京にある金属加工メーカーA社の経営者は3月中旬、取引のある金融機関5行を訪ね歩いた。3月末の中小企業金融円滑化法終了後の対応策を協議するためだ。

創業60年超、従業員約40名を抱えるA社は東日本大震災後に売り上げが激減、債務超過に陥った。円滑化法に基づき、取引銀行に元金の返済猶予(リスケジュール)を申請した。リスケは半年ごと計4回に及ぶ。

円滑化法の終了で、約定どおりの返済を求められれば資金繰りに窮する──そんな不安があった。が、金融機関の対応は意外なものだった。「1円でも元金を返済いただければ、それで結構です」。取引行5行が足並みをそろえ、約定の1割弱の返済を行っていくことで合意した。

「少し拍子抜けしたぐらい。でも、厳しい状況には変わりない。これからが大変だ」。経営者はそう気を引き締める。

次ページ行政指導で実質延長
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。