「名前が出てこない」がピタッとなくなる方法

歳のせいではなく「努力不足」が原因だった

まずは「覚えているうちに繰り返す」。ワーキングメモリに入って覚えているうちに繰り返すことです。覚えていることは、繰り返すのも楽ですよね。覚えているのに繰り返す必要はない、と思うかもしれませんが、ワーキングメモリに入っているだけでは本当に覚えてはいません。

そして、繰り返すなかでも効果があるのが、「思い出しながらくり返す」。普通は名前を覚えようとするときに、名刺の名前を見ながら繰り返す人が大半でしょう。ただ、それではあまり効果がないのです。それよりも、名刺を見ないで相手の顔を見て名前を思い出そうとすること。

名前を覚えた状態というのは、相手の顔を見たり思い浮かべたときに、その人の名前が出ることですから、それを実際に行うのです。もちろん、すぐに思い出せなければ、名刺を見て構いません。とにかく、相手の顔を見て、サッと名前が思い出せるまで繰り返すのです。

五感を使えば記憶はより強化される

さらに効果があるのが、「話しながら繰り返す」こと。つまり、会話の中で相手の名前を実際に話しながら繰り返すことです。これは話すことで、耳からの記憶にもなりますし、口を動かした運動の記憶にもなります。こうして五感をできるだけ使うことで、記憶が強化されるのです。

そして、最後の繰り返しが「イメージに変えて繰り返す」こと。これは、名前を何か具体的なイメージに変えて、そのイメージを繰り返し思い浮かべながら、相手の記憶と結び付けるのです。先ほど、出身地や趣味といった「意味ある」もののほうが名前という「意味のない」ものよりも記憶に残りやすいことを解説しましたが、強引にでもいいので、名前を具体的なイメージにしてしまうのです。

私の名前の「宇都出(うつで)」であれば、なにかボールを打っているところをイメージしたり、「池谷」であれば、谷間にある池に相手が浮かんでいるイメージにしたりといった具合です。こうして具体的なイメージにすることで、相手の記憶と結びつきやすくなり、そのイメージから名前を思い出すことができるようになるのです。

この4つの繰り返しを行えば、「名前が出ない……」がピタッとなくなるでしょう。

人はついつい、「私は記憶力が悪いから」「歳のせいで記憶力が悪くなったから」と記憶力のせいにして、覚える努力をしようとしません。ただ、「あの人、記憶力がいいなあ」と思われている人は、ここでも紹介したようなちょっとした努力をしているだけにすぎません。

そのほか、「大ざっぱであいまいな記憶は残りやすい」「位置、空間に関する記憶は覚えやすい」といった記憶の特徴があります。こういった記憶の特徴を知り、それを活用することで、あなたの記憶する力はグーンと高まります。ぜひ、あなたの記憶の正体を知り、記憶とうまく付き合っていってください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT