紙メディアも蹴散らす、ネット報道の革命児

間もなく日本上陸、「ハフィントン・ポスト」の衝撃

ただし、このやり方には批判もある。他サイトの記事を流用してまとめるというオリジナリティの欠如や、ジャーナリズムの正道からは離れているという指摘が多い。取材記事もリベラル寄りに振りすぎるとする見方も強い。

だが、すっかり定着した人気は、内容も気分も多彩で”盛りだくさんさ”を求める現代の人々に、「ハフィントン・ポスト」がうまく応えていることを証明している。

ジャーナリズムというよりは、ちょっと知的に見えながら、底流は大衆受けする路線そのもの。ハフィントンは、個人ブランドのメディアという新しいタイプのニュースサイトを作ってみせたと言えるのだ。誰も成功を収めていなかったオンライン・ニュースサイトの調合を、みごとに突き止めたのだ。

才能と機会を最大限に活用

ハフィントンは現在62歳。ギリシャで生まれ、イギリスで学び、アメリカに渡って成功を収めた。イギリスで恋人だった作家バーナード・レビンにジャーナリズムの手ほどきを受け、後に結婚した上院議員の夫マイケル・ハフィントンから(後に離婚)政治への道しるべを得た。

才能と機会を最大限利用しながら、政界やメディア界での力と人脈を蓄え、それでいて、ライフスタイルやリラックスできる仕事場のあり方、生活感を失わない毎日の過ごし方を説いて回るなど、人々の身の丈に合った感覚を失わない。

まさに硬軟併せ持つミックス・キャラクターの凄腕である。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT