紙メディアも蹴散らす、ネット報道の革命児

間もなく日本上陸、「ハフィントン・ポスト」の衝撃

カバーする分野も幅広い。政治、ビジネス、エンターテインメントのほかにも、テクノロジー、世界情勢、健康・生活、コメディ、ライフスタイル、宗教、同性愛、犯罪、セレブ、環境問題などなど。

昨年は、商業的なオンライン・ニュースサイトとして初めて、帰還兵士を追った連載記事がジャーナリズム最高の賞であるピューリッツァー賞を受賞した。

アメリカでのスタッフは200人おり、それ以外に数百人の外部協力者がいる。2011年には、AOLにサイトを3億1500万ドルで売却。現在はイギリス、カナダ、フランス、スペイン、イタリア、ドイツ、ブラジル、インドなどの国々と海外提携もすませ、さらに飛躍を狙う。

歴史ある既存の報道機関にも引けを取らない、堂々とした存在になっているのである。

あれこれ探すストレスから、人々を解放

さて、「ハフィントン・ポスト」の人気は、ハフィントンお得意のミックスのためでもあるが、加えて、ここが要領のよい情報サイトになっていることも理由だろう。

時事問題、社会問題、国際問題などの重要ポイントは押さえたうえで、もっとやわらかな話題や論説も多く掲載する。自社スタッフによる独自取材記事と同時に、多数のニュースサイトを内部スタッフが手際よく要約してまとめた記事も多い。

つまり、「ハフィントン・ポスト」さえ読んでおけば、その日の情報は満遍なく目を通したという気分にさせるのだ。あれこれのサイトを読まなくてはいけないと焦る気持ちが、ここへ来れば解消される。その意味で、派手で華やかに見せかけながらも、情報のキュレーションをうまく行っているのである。

次ページその底流にあるのは……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT