株価上昇がもたらす、バブル増殖のメカニズム

本業不調でも、保有株が上昇すると経常利益は増加

株価上昇が経常利益を増加させる

図は、縦軸に(経常利益-営業利益)を、横軸に保有株式時価増加額をとって、実際のデータを示したものである。データは11年7~9月期以降のものだ。ただし、12年4~9月期は2四半期の平均をとった。また、資金循環統計は12年9月までのデータしか公表されていないので、12年7~9月期の値に日経平均株価の上昇率を乗じることによって、12年10~12月期の保有株式額を計算した。

これらのデータに最小二乗法で直線を当てはめると、結果は、

(経常利益-営業利益)=0.112×(保有株式増加額)+4504億円となる。

定数項がプラスであるのは、株式増加がゼロでも経常利益は営業利益を4500億円ほど上回ることを意味する。これは、ネット利子収入だと考えられる(12年9月末において、株式を除く企業の金融資産は、株式を除く負債を171兆円上回っている。4500億円はその0.26%にあたる。貸付利子率と借入利子率の差がこの程度であると考えるのは、不自然なことではあるまい)。

かつての日本では、借入金が多かったために利払いが利子収入を上回り、経常利益は営業利益を下回るのが常態だった。しかし、借入金が減少したため、05年以降、経常利益が営業利益を上回るようになった。

いまひとつ重要なのは、株式増加の11%程度が経常利益に反映される、と考えられることだ。

次ページ厳しい経済の実態が、覆い隠されてしまう懸念
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT