職場に増える外国人と、うまくやる方法

落としどころを探る会話なんて、通用しません

落としどころを探ってもダメ

取材した広告代理店に勤務している加藤さん(仮名)の職場にも昨年、外国人の留学生が配属されました。当初はお互いに距離をどのように近づけていったらいいか戸惑ったようですが、最近は関係は円満のようです。その成功のポイントを聞いたところ

「落としどころを探るような、会話をしないことでしょうか?」

とのこと。日本の職場でありがちなのですが、もう少しなんとかならない?とか、ちゃんとやって欲しい……など、会話しながら結論を探ります。しかし、外国人にとっては、そんな言い方をされても理解が難しいのです。はやり、ロジカルに伝える工夫を凝らすべきです。

留学生たちは、学生時代に日本を理解したうえで、日本で働くことを決意したわけです。「日本の職場の流儀に合わせればいいので、と気にしない」との対応もアリかもしれません。ただ、外国人留学生が同僚と円滑に仕事をしている職場では、

・ビジネスにおける時間感覚
 ・その国の雇用制度
 ・その国の仕事やキャリアに対する考え方

を理解しようとすることが大前提となるでしょう。

それだけでなく、その国の民族の文化的価値観や宗教的価値観、法律や経済の仕組みなど、可能な限りの理解を示すのです。もちろん、職場のある日本のルールが仕事を進めるうえの前提となりますが、留学生側の譲れないもの、大事にしたいことを踏まえて接することができれば、意外と心地よく仕事ができるのではないでしょうか?

考えてみれば、メジャーリーグで日本人選手が入団すると「コンニチハ」と日本語を覚える努力をするチームメイトが紹介されますが、あれと同じです。こうした気配りが外国人留学生と同僚の絆を深めるのは間違いありません。

ちなみに独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると留学生を採用したことで、日本人社員や組織に対してどんな効果があったかを尋ねたところ、効果としては「職場が活性化した」「社員が国際的視野を持つようになった」と前向きな回答が大半だったとのこと。ますます外国人留学生が職場で増える時代、そこで働く社員達も環境の変化に合わせて、前向きに取り組んでいきたいものです。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT