エイベックス「ヤンキー兄ちゃん支援」のワケ

松浦社長が考えるヒット創出の処方箋

山田:ヒット創出の施策として「多様なコンテンツの取り込み」というキーワードを掲げています。音楽だけでなく、いろいろな才能を持ったクリエーターを育てていくことを目指すわけですよね。

松浦:これは、ぜひやっていきたい。「クリエーターは自分のパフォーマンスに専念してください。それ以外のところは全部やりますよ」っていう仕組みを作っていきたい。

山田:政治家のプロデュースとかも考えられますね。政治家は究極のクリエーターです。

松浦:すべてにおいて360度考えていく。いろんなことに応用できるのかなと思っています。

山田:南青山の新本社をそういうクリエーターを育てる場所にすることを目指していると思いますが、日本人中心でしょうか。

松浦:イメージですけど、10年後のエイベックスは外国人が3~4割いるといいのかな、と。「どこの国の会社?」みたいになったらいいなと思います。

アップルよりグーグルのほうが好き

山田:今年、シリコンバレーの会社見学に行ったと思いますが、代表的企業であるグーグルとアップルは、カルチャーがまったく違う。シアトルに行くと、アマゾンもまったくカルチャーが違うし、マイクロソフトも違う。訪問した会社の中で自分のフィーリングに合うなっていう会社はどこでしたか。

松浦:アップルではないなっていう感じはしました。

山田:スティーブ・ジョブスを信奉するように松浦さんを信奉するカルチャーはダメですか。

松浦:というよりも、僕はどちらかというと、グーグルのほうが自由で好きですかね。

山田:ビジネスの中身的にもグーグルのほうがオープンですね、アップルは全部囲い込んじゃいますから。それに対し、エイベックスはドコモ、サイバーエージェントなどと組みながら事業を進めるあたり、グーグル的かもしれないですね。見学は、新本社を作るうえで参考になりましたか。

松浦:参考にしようと思って行ったんですけど、参考にならないですね。敷地の広さではまったく比べものにならないし、東京では到底できない。シリコンバレーという地域に多くの会社が集まってくるっていうのも、やっぱり日本ではマネをできない形だと思う。見学に行って、そこに圧倒されてしまった。「なんだよ、もう最初から勝ち目がないじゃん」という感じでした。

山田:シアトルにあるアマゾンの新本社の敷地はあまり広くありません。今ちょうど建設中で、高層ビルを建てています。郊外ではなく、シアトルのダウンタウンのど真ん中にある。これが参考になるのでは?

松浦:そうですか。いろいろなものを参考にしながら、エイベックスらしい本社にしていこうと思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT