エイベックス「ヤンキー兄ちゃん支援」のワケ

松浦社長が考えるヒット創出の処方箋

松浦:それはあまり考えていません。うまくいった例がないですし、ちょっと違うなっていうのが、思いとしてある。うまく言えませんが、人種的なものとか、いろいろとあると思うんです。だから難しい。

山田:アメリカでは地元の会社を買収するのではなく、1から作っていくことになりますか。

松浦:うーん、それはそのときによりますね。マッチする会社があれば買収することもありえるかもしれない。でも今回、一緒にやるのがリチャード・ブラッドストーンという業界に幅広い顔を持つ人物で、僕らも何十年も前からの付き合い。そのコネクションからいろいろな話が来るとは思いますが、ケースバイケースで決めていきたい。最初から、どこかを買おうという話ではないです。

多くの劇場が集まる場所を作れば活性化する

ラスベガスにはカジノだけでなく多くの劇場がある(写真:Shinyblue / PIXTA)

山田:ロサンゼルスからちょっと内陸に入ったラスベガスには、また違う大規模なライブエンターテインメントがあります。日本には「劇団四季」がありますが、日本発で総合芸術のようなものを生み出すことができるといいように思いませんか。

松浦:そのようなものは、昔考えたことがあるんですが、なかなか難しい。まず場所の問題ですよね。だって、そういう劇場が1つだけあってもしょうがないじゃないですか。IR(統合リゾート)ができるとしたらそこに劇場を作る、という話もありますが、そもそもカジノ法案自体が延び延びですよね。カジノの話題が盛り上がるたびに、いつもその話は議論にはなります。当然、専用劇場があればいいし、毎日アーティストがレベルの高いショーをするのは有望だと思うんです。

以前、Blue Man Groupというニューヨークで流行ってるミュージカルを日本に持ってきて、日本では初めてBlue Man Groupしかやらない専用劇場を六本木に作って公演も行ったんです。でも、Blue Man Group劇場1つだけでは駄目なんです。そういう劇場がいくつも並んでいるっていう空間を作らなければ街は活性化しません。東京に民間だけで作るのはちょっと難しい。国がなんらかの支援をするとか、IRに乗っかる以外は、難しい。文化の下地も日本にはないですからね。

次ページ「多様なコンテンツの取り込み」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT