欧州で燻る政治リスク

一見、小康状態も、今秋に向けて正念場は続く

イタリア総選挙での勝者は、既成政党を批判して若者の票を集めてグリッロ氏(写真手前)(撮影:ロイター/アフロ)

3月に入り、NYダウ平均が連日最高値を更新するなど、株式市場に楽観ムードが広がっている。2月末のイタリア総選挙時にはNYダウ平均が前日比216ドル安と一瞬、大幅反落し、冷や水を浴びせられたが、その後持ち直し、年初来の株高基調が持続している。

イタリア10年国債の利回りも、選挙後の上昇幅は40ベーシスポイントほど。水準は4%台後半と、かつての6~7%台に比べ安定している。

山場は3月下旬

イタリア政権の行方について、第一生命経済研究所の田中理主席研究員は、「民主党会派が単独、またはモンティ現首相派と組んで政権を発足させ、政策ごとに今回躍進した『五つ星運動』に閣外協力を求める、というシナリオが成立する確率が高い」と分析する。早ければ3月下旬にも新政権が発足する。

ただし、リスクもある。協議がまとまらず再選挙となれば、5月に任期切れが迫る現大統領に議会の解散権がなく、再選挙は早くても7月になるという。

いずれにしても、新政権の基盤は脆弱だ。勢力を伸ばした「五つ星運動」は緊縮に反対して若者の票を集めたポピュリズム団体で、これまで議員を出したことがない新勢力。金融市場やイタリア財界などは、改革の後退を懸念している。

次ページイタリアだけではない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT