レスリング伊調馨が女子史上初の4連覇

登坂と土性も金メダル

8月17日、リオデジャネイロ五輪はレスリングの女子3階級を行い、69キロ級では初出場の土性沙羅(左から2人目)が金メダルに輝いた(2016年 ロイター/TORU HANAI)

[17日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は17日、レスリングの女子3階級を行い、58キロ級で伊調馨が五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を達成した。

伊調は決勝でワレリア・コブロワゾロボワ(ロシア)に3─2で勝利。第1ピリオドでリードした後、相手に逆転されたが、第2ピリオド残り4秒で相手のバックを取って再逆転した。

伊調は「もっといい試合がしたかった」とコメント。逆転した場面については、「相手がタックルに入ってきてくれたので、最後のチャンス、ここしかないと思って取りに行った」と話した。

48キロ級の登坂絵莉は決勝でマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)に3─2で判定勝ちし、初出場で金メダルを獲得。2012年ロンドン五輪の銀メダリスト相手に逆転勝ちを収めた。

69キロ級の土性沙羅は決勝でナタリア・ボロベワ(ロシア)を判定で下し、金メダルを獲得。2─2だったが、ビッグポイントで相手を上回った。土性は「たくさんの応援、支えのお陰で金メダルが取れた」とし、「2人(登坂と伊調)の試合を見ていた。私も最後まで諦めずやろうと思っていた」と述べた。

女子53キロ級の吉田沙保里は18日、伊調と同じ五輪4連覇を目指す。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。