レスリング伊調馨が女子史上初の4連覇

登坂と土性も金メダル

8月17日、リオデジャネイロ五輪はレスリングの女子3階級を行い、69キロ級では初出場の土性沙羅(左から2人目)が金メダルに輝いた(2016年 ロイター/TORU HANAI)

[17日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は17日、レスリングの女子3階級を行い、58キロ級で伊調馨が五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を達成した。

伊調は決勝でワレリア・コブロワゾロボワ(ロシア)に3─2で勝利。第1ピリオドでリードした後、相手に逆転されたが、第2ピリオド残り4秒で相手のバックを取って再逆転した。

伊調は「もっといい試合がしたかった」とコメント。逆転した場面については、「相手がタックルに入ってきてくれたので、最後のチャンス、ここしかないと思って取りに行った」と話した。

48キロ級の登坂絵莉は決勝でマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)に3─2で判定勝ちし、初出場で金メダルを獲得。2012年ロンドン五輪の銀メダリスト相手に逆転勝ちを収めた。

69キロ級の土性沙羅は決勝でナタリア・ボロベワ(ロシア)を判定で下し、金メダルを獲得。2─2だったが、ビッグポイントで相手を上回った。土性は「たくさんの応援、支えのお陰で金メダルが取れた」とし、「2人(登坂と伊調)の試合を見ていた。私も最後まで諦めずやろうと思っていた」と述べた。

女子53キロ級の吉田沙保里は18日、伊調と同じ五輪4連覇を目指す。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT