五輪シンクロ、乾・三井組は予選3位で決勝へ

1位はロシア、2位は中国

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティンに進んだ(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン(TR)を行い、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティン(FR)に進んだ。

乾・三井組はTRでは93.1214点をマーク。前日のFRとの合計を187.5214点とした。

ナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組(ロシア)が合計194.5244点で1位。中国が合計191.4355点で2位だった。

決勝でもFRとTRが行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。