五輪シンクロ、乾・三井組は予選3位で決勝へ

1位はロシア、2位は中国

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティンに進んだ(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン(TR)を行い、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティン(FR)に進んだ。

乾・三井組はTRでは93.1214点をマーク。前日のFRとの合計を187.5214点とした。

ナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組(ロシア)が合計194.5244点で1位。中国が合計191.4355点で2位だった。

決勝でもFRとTRが行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT