陸上唯一のロシア選手クリシナは結局出場へ

CASが判断

 8月15日、ロシア陸上選手で唯一、リオ五輪出場が認められながら、国際陸上競技連盟が出場禁止処分を下した女子走り幅跳びのダリア・クリシナについて、スポーツ仲裁裁判所が異議申し立てを認めたことが明らかに。写真は6月、ロシア西部で撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - 国ぐるみのドーピング違反が指摘されたロシア陸上選手で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められながら、国際陸上競技連盟(IAAF)が出場禁止処分を下した女子走り幅跳びのダリア・クリシナについて、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が異議申し立てを認めたことが15日分かった。

CASは声明で、クリシナがリオ五輪に出場できるとする判断を関係団体に伝えたと明らかにした。

クリシナは当初、ロシアの組織的なドーピング違反には関与していないことを証明。国外で複数回のドーピング検査を受けるという条件を満たし、リオ五輪出場が特例で認められていた。

しかし、世界反ドーピング機関(WADA)による調査で新たな情報が浮上したため、IAAFは13日になってクリシナを出場禁止にすると発表していた。

女子走り幅跳びは16日に予選が行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。