陸上唯一のロシア選手クリシナは結局出場へ

CASが判断

 8月15日、ロシア陸上選手で唯一、リオ五輪出場が認められながら、国際陸上競技連盟が出場禁止処分を下した女子走り幅跳びのダリア・クリシナについて、スポーツ仲裁裁判所が異議申し立てを認めたことが明らかに。写真は6月、ロシア西部で撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - 国ぐるみのドーピング違反が指摘されたロシア陸上選手で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められながら、国際陸上競技連盟(IAAF)が出場禁止処分を下した女子走り幅跳びのダリア・クリシナについて、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が異議申し立てを認めたことが15日分かった。

CASは声明で、クリシナがリオ五輪に出場できるとする判断を関係団体に伝えたと明らかにした。

クリシナは当初、ロシアの組織的なドーピング違反には関与していないことを証明。国外で複数回のドーピング検査を受けるという条件を満たし、リオ五輪出場が特例で認められていた。

しかし、世界反ドーピング機関(WADA)による調査で新たな情報が浮上したため、IAAFは13日になってクリシナを出場禁止にすると発表していた。

女子走り幅跳びは16日に予選が行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT