陸上女子100mはトンプソンが金メダル

男子1万mはファラー連覇

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、陸上の女子100メートル決勝ではジャマイカのエレン・トンプソン(中央)が10秒71で優勝した(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、陸上の競技を行い、女子100メートル決勝ではエレン・トンプソン(ジャマイカ)が10秒71で優勝した。

トリ・ボウイ(米国)が銀メダル、3連覇を目指したシェリーアン・フレーザープライス(ジャマイカ)は銅メダルだった。

男子1万メートル決勝ではモハメド・ファラー(英国)が27分5秒17で優勝し、同種目での五輪連覇を果たした。日本の大迫傑は27分51秒94で17位。設楽悠太は29位、村山紘太は30位だった。

男子走り幅跳び決勝ではジェフ・ヘンダーソン(米国)が8メートル38で優勝。ルボ・マニョンガ(南アフリカ)が銀メダル、ロンドン五輪金のグレッグ・ラザフォード(英国)が銅メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。