陸上男子100m、桐生祥秀は10秒23で敗退

ケンブリッジと山県がボルトと準決勝へ

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、陸上の男子100メートル予選、3連覇を目指すウサイン・ボルトが準決勝に進出(2016年 ロイター/Phil Noble)

[13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、陸上の男子100メートル予選を行い、日本勢ではケンブリッジ飛鳥と山県亮太が準決勝に進出した。

4組のケンブリッジは10秒13で2着。8組の山県は10秒20で2着だった。7組の桐生祥秀は10秒23の4着で敗退した。

3連覇を目指すウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、桐生と同じ7組で10秒07をマーク。同組1着だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。