錦織圭、マリーに敗れて3位決定戦へ

女子はプイグが金メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準決勝、第4シードの錦織圭(写真)が第2シードのアンディ・マリーに1─6、4─6で敗れた(2016年 ロイター/Toby Melville)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、男女テニスの試合を行い、男子シングルス準決勝では、第4シードの錦織圭が第2シードのアンディ・マリー(英国)に1─6、4─6で敗れた。

錦織は3位決定戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。連覇を目指すマリーは、決勝でフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と戦う。

女子シングルス決勝では、モニカ・プイグ(プエルトリコ)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)をフルセットで下し、金メダルを獲得。3位決定戦では、ペトラ・クビトバ(チェコ)がマディソン・キーズ(米国)に勝って、銅メダルを獲得した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT