錦織圭、マリーに敗れて3位決定戦へ

女子はプイグが金メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準決勝、第4シードの錦織圭(写真)が第2シードのアンディ・マリーに1─6、4─6で敗れた(2016年 ロイター/Toby Melville)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、男女テニスの試合を行い、男子シングルス準決勝では、第4シードの錦織圭が第2シードのアンディ・マリー(英国)に1─6、4─6で敗れた。

錦織は3位決定戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。連覇を目指すマリーは、決勝でフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と戦う。

女子シングルス決勝では、モニカ・プイグ(プエルトリコ)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)をフルセットで下し、金メダルを獲得。3位決定戦では、ペトラ・クビトバ(チェコ)がマディソン・キーズ(米国)に勝って、銅メダルを獲得した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT