錦織圭、マリーに敗れて3位決定戦へ

女子はプイグが金メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準決勝、第4シードの錦織圭(写真)が第2シードのアンディ・マリーに1─6、4─6で敗れた(2016年 ロイター/Toby Melville)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、男女テニスの試合を行い、男子シングルス準決勝では、第4シードの錦織圭が第2シードのアンディ・マリー(英国)に1─6、4─6で敗れた。

錦織は3位決定戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。連覇を目指すマリーは、決勝でフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と戦う。

女子シングルス決勝では、モニカ・プイグ(プエルトリコ)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)をフルセットで下し、金メダルを獲得。3位決定戦では、ペトラ・クビトバ(チェコ)がマディソン・キーズ(米国)に勝って、銅メダルを獲得した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。