五輪テニスで錦織が8強、マリーも勝利 

ダニエル太郎は敗退

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、男子シングルス3回戦、第4シードの錦織圭はアンドレイ・マルティンを6─2、6─2のストレートで下し、2大会連続でベスト8に進んだ(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、男子シングルス3回戦を行い、第4シードの錦織圭はアンドレイ・マルティン(スロバキア)を6─2、6─2のストレートで下し、2大会連続でベスト8に進んだ。

準々決勝では第6シードのガエル・モンフィス(フランス)と対戦する。

ダニエル太郎は、初戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破ったフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に逆転負けを喫した。

第2シードでディフェンディングチャンピオンのアンディ・マリー(英国)はファビオ・フォニーニを下し、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)もジル・シモン(フランス)に勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT