五輪テニスで錦織が8強、マリーも勝利 

ダニエル太郎は敗退

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、男子シングルス3回戦、第4シードの錦織圭はアンドレイ・マルティンを6─2、6─2のストレートで下し、2大会連続でベスト8に進んだ(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、男子シングルス3回戦を行い、第4シードの錦織圭はアンドレイ・マルティン(スロバキア)を6─2、6─2のストレートで下し、2大会連続でベスト8に進んだ。

準々決勝では第6シードのガエル・モンフィス(フランス)と対戦する。

ダニエル太郎は、初戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破ったフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に逆転負けを喫した。

第2シードでディフェンディングチャンピオンのアンディ・マリー(英国)はファビオ・フォニーニを下し、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)もジル・シモン(フランス)に勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。