錦織が4強進出、準決勝でマリーと対戦へ

日本勢で96年ぶりとなる4強入り

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準々決勝、第4シードの錦織圭(写真)はガエル・モンフィスを7─6、4─6、7─6で破り、日本勢で96年ぶりとなる4強入りを果たした(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、テニスの男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭はガエル・モンフィス(フランス)を7─6、4─6、7─6で破り、日本勢で96年ぶりとなる4強入りを果たした。

準決勝で錦織は、2012年ロンドン五輪金メダリストで第2シードのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

このほか第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)とフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)も4強入りした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT