陸上唯一のロシア選手、クリシナが出場禁止

新たな情報が浮上したため

 8月13日、国際陸上競技連盟は、国ぐるみのドーピング違反が指摘されているロシアの陸上選手の中で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められていた女子走り幅跳びのダリア・クリシナを出場禁止にすると発表した。ロシアのチェボクサルで6月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は13日、国ぐるみのドーピング違反が指摘されているロシアの陸上選手の中で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められていた女子走り幅跳びのダリア・クリシナを出場禁止にすると発表した。

クリシナは当初、ロシアの組織的なドーピング違反には関与していないことを証明。国外で複数回のドーピング検査を受けるという条件を満たし、リオ五輪出場が特例で認められていた。

しかしこのたび世界反ドーピング機関(WADA)の報告書に関連し、新たな情報が浮上したため、クリシナは一転、出場禁止になったという。

同選手は自身がクリーンな選手であると主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT