陸上唯一のロシア選手、クリシナが出場禁止

新たな情報が浮上したため

 8月13日、国際陸上競技連盟は、国ぐるみのドーピング違反が指摘されているロシアの陸上選手の中で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められていた女子走り幅跳びのダリア・クリシナを出場禁止にすると発表した。ロシアのチェボクサルで6月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - 国際陸上競技連盟(IAAF)は13日、国ぐるみのドーピング違反が指摘されているロシアの陸上選手の中で唯一、リオデジャネイロ五輪出場が認められていた女子走り幅跳びのダリア・クリシナを出場禁止にすると発表した。

クリシナは当初、ロシアの組織的なドーピング違反には関与していないことを証明。国外で複数回のドーピング検査を受けるという条件を満たし、リオ五輪出場が特例で認められていた。

しかしこのたび世界反ドーピング機関(WADA)の報告書に関連し、新たな情報が浮上したため、クリシナは一転、出場禁止になったという。

同選手は自身がクリーンな選手であると主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT