今が行き時!自由旅行解禁のロシアが熱い

円高のこの夏行きたい「ディープな旅」

いまロシア旅行がイチオシな理由とは?
円高基調が続く昨今ですが、われわれが受けられる恩恵は何でしょうか。そう、割安に海外旅行に行けるということです。
とはいえ、定番の旅行先では日本人観光客も多く、せっかくの「非日常感」を味わえないかもしれません。じゃあどこがいいかというと、それはロシア。なぜ今、ロシアへの旅行がお勧めなのか? 『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』を刊行し、海外旅行の経験豊富な下川裕治氏に、最新ロシア旅行事情について聞いてみました。

低価格化で、ロシア旅行が身近に

これまで、ロシアではいきあたりばったりの自由旅行が不可能でした。どういうことかというと、ロシアを旅行するためには、事前に旅行代理店を通して、すべての日程のホテルや交通機関の切符を購入し、発行してもらったバウチャー(支払い済み証明書)をロシア大使館に持っていくことで、初めてビザが発行されるという仕組みでした。そのため、その他の国へ旅行に行くのと比べて敷居が高く、旅行先として選ばれにくいという事情があったのです。

また、必ず旅行代理店を通す仕組みのため、決して少ないとはいえないマージンをとられることで、他国よりも割高な旅行になってしまっていました。ところが昨年秋ごろより事情が変わります。

旅行代理店から発行されるバウチャーが必要なことには変わりないのですが、事前にホテルなどの予約をせずとも、バウチャーをつくることができるようになったのです。それをロシア大使館に持って行けば、ビザを発行してくれます。これは事実上、自由旅行が解禁されたことを意味します。

次ページ自由旅行解禁の裏事情
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT