世界の賢人がロシア式「システマ」を学ぶワケ

「ルールを捨てる」ための世界一具体的な方策

近年、注目を集める「システマ」。その教育効果について話を聞いた
近年、欧米のビジネスや教育分野において注目を集めるのが「システマ」だ。ロシア特殊部隊「スペツナズ」の隊員教育メソッドだったシステマは、ソビエト連邦崩壊をきっかけに、ロシア国外に知られるようになった。現在では世界45か国、250以上の団体で取り入れられ、教育、医療、軍事、セキュリティなどさまざまな分野で活用されている。
なぜ、世界のトップビジネスパーソンはシステマに注目するのか。先日、システマが持つ教育効果について、ビジネスマンを主人公にした物語にまとめた書籍『人生は楽しいかい?』を刊行した、公認システマインストラクター・北川貴英氏に「システマ」が持つ教育効果について話を聞いた。

人生のリスクマネジメントとしての武術

――なぜ今、システマは世界中から注目を集めているのでしょうか。

システマの創始者であるミカエル・リャブコは、10年以上ロシアの特殊部隊「スペツナズ」で戦闘や要人警護、人質解放作戦に参加するとともに、隊員を指導するインストラクターを務めました。

システマ創始者、ミカエル・リャブコ氏

その後は、ロシア連邦法務省顧問、国内軍務大佐、ロシア連邦最高検事局、法務大佐など、ロシア政府の中枢に関わる要職を歴任する一方で、ソビエト連邦崩壊をきっかけに、それまでロシア軍内でしか知られていなかったシステマを、世界中の人に伝える活動を始めました。

ミカエルからシステマを伝えられた門下生たちの中には、世界中で活躍する教育や医療、セキュリティ、軍事関係のプロたちがおり、彼らはシステマのメソッドや思考法をそれぞれの現場で活かしています。

それまでロシア軍の内部でしか知られていなかった知恵が世界に知られるようになってから約25年。今、その成果がさまざまな分野で目に見える形になり始めた、ということなのではないかと思います。

次ページ「格闘術」は、そのほんの一部にすぎない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT