リオ五輪大会、ロシアから271選手が参加へ

387選手から大幅に縮小

 8月4日、ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ会長は、国ぐるみのドーピング問題で、ロシア選手271人がリオデジャネイロ五輪への参加を認められたことを明らかにした。7月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 4日 ロイター] - ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ会長は4日、国ぐるみのドーピング問題をめぐり、同国選手271人がリオデジャネイロ五輪への参加を認められたと明らかにした。

国際オリンピック委員会(IOC)は、5日に開幕するリオ五輪でロシアを全面除外しない意向を示し、選手の出場可否については各競技の国際連盟に判断を委ねていた。ロシアは当初、387人の選手団を編成していた。

ジューコフ会長は「ロシアほど厳しい要求を受けているチームはない。他の国の選手は過去のドーピング違反で除外されていない」と語り、出場する271選手は他国の選手よりも潔白だと主張した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。