リオ五輪大会、ロシアから271選手が参加へ

387選手から大幅に縮小

 8月4日、ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ会長は、国ぐるみのドーピング問題で、ロシア選手271人がリオデジャネイロ五輪への参加を認められたことを明らかにした。7月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[リオデジャネイロ 4日 ロイター] - ロシア・オリンピック委員会のアレクサンドル・ジューコフ会長は4日、国ぐるみのドーピング問題をめぐり、同国選手271人がリオデジャネイロ五輪への参加を認められたと明らかにした。

国際オリンピック委員会(IOC)は、5日に開幕するリオ五輪でロシアを全面除外しない意向を示し、選手の出場可否については各競技の国際連盟に判断を委ねていた。ロシアは当初、387人の選手団を編成していた。

ジューコフ会長は「ロシアほど厳しい要求を受けているチームはない。他の国の選手は過去のドーピング違反で除外されていない」と語り、出場する271選手は他国の選手よりも潔白だと主張した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。