五輪女子マラソン、福士14位・田中19位

スムゴングがケニア勢女子で初の金メダル

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、陸上の女子マラソンで、福士加代子(写真)は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[リオデジャネイロ 14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、陸上の女子マラソンを行い、福士加代子は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった。

ジェミマ・スムゴングが2時間24分4秒でケニア勢女子で初の金メダルに輝いた。ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が銀、マレ・ディババ(エチオピア)が銅。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT