五輪女子マラソン、福士14位・田中19位

スムゴングがケニア勢女子で初の金メダル

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、陸上の女子マラソンで、福士加代子(写真)は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[リオデジャネイロ 14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、陸上の女子マラソンを行い、福士加代子は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった。

ジェミマ・スムゴングが2時間24分4秒でケニア勢女子で初の金メダルに輝いた。ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が銀、マレ・ディババ(エチオピア)が銅。

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。