五輪女子マラソン、福士14位・田中19位

スムゴングがケニア勢女子で初の金メダル

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、陸上の女子マラソンで、福士加代子(写真)は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[リオデジャネイロ 14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、陸上の女子マラソンを行い、福士加代子は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった。

ジェミマ・スムゴングが2時間24分4秒でケニア勢女子で初の金メダルに輝いた。ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が銀、マレ・ディババ(エチオピア)が銅。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。