五輪女子マラソン、福士14位・田中19位

スムゴングがケニア勢女子で初の金メダル

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、陸上の女子マラソンで、福士加代子(写真)は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[リオデジャネイロ 14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、陸上の女子マラソンを行い、福士加代子は2時間29分53秒で14位、田中智美は2時間31分12秒で19位、伊藤舞は2時間37分37秒で46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞に届かなかった。

ジェミマ・スムゴングが2時間24分4秒でケニア勢女子で初の金メダルに輝いた。ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が銀、マレ・ディババ(エチオピア)が銅。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT