卓球女子団体、日本がストレート勝利で8強に

準々決勝でオーストリアと対戦

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、卓球の女子団体1回戦、日本はポーランドを3─0のストレートで破り、8強入りした。写真はダブルスで勝った福原愛(右)、伊藤美誠(左)組(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、卓球の女子団体1回戦を行い、2012年ロンドン五輪銀メダルの日本はポーランドを3─0のストレートで破り、8強入りを果たした。

第1試合のシングルスで石川佳純が3─0で勝利。第2試合のシングルスも伊藤美誠が3─1で制した。第3試合のダブルスでは福原愛、伊藤組が3─1で勝利した。

日本は13日、準々決勝でオーストリアと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。