テニスで錦織が銅、日本96年ぶりメダル獲得

リオ五輪テニス男子シングルス

 8月14日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス3位決定戦で、錦織圭(写真)がラファエル・ナダルに6─2、6─7、6─3で勝利を収め、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Toby Melville)

[14日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は14日、テニスの男子シングルス3位決定戦を行い、第4シードの錦織圭が第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─7、6─3で勝利を収め、銅メダルを獲得した。

日本勢がテニスでメダルを獲得するのは、1920年アントワープ大会のシングルスとダブルスで銀を取った熊谷一弥以来、96年ぶり。

これまでナダルに通算1勝9敗だった錦織は、第1セットの第5ゲームでブレークすると、第7ゲームでも再びブレーク。第2セットでは先に2ブレークしたもののタイブレークに持ち込まれ、ナダルにこのセットを取られた。

第3セットでは、錦織が第4ゲームのブレークでまたも先行すると、サービスゲームをキープし続けて勝利した。

試合後、錦織は「銅メダルもうれしい」とし、タフな試合を最後競り合って勝てたというのは経験値としていいものになった、とコメント。いいプレーができず苦しい場面もあったとした上で、「最後までファイトして、日本のためにがんばるというのはすごく楽しかった」と語った。

同決勝では、アンディ・マリー(英国)がフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を下し、連覇を成し遂げた。

女子ダブルス決勝では、ロシアのエカテリーナ・マカロワ、エレーナ・ベスニナ組がスイスのティメア・バシンスキー、マルチナ・ヒンギス組をストレートで下し、金メダルを獲得。

米国勢同士の対決となった混合ダブルス決勝は、ベサニー・マテックサンズ、ジャック・ソック組がビーナス・ウィリアムズ、ラジーブ・ラム組を制した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。