北京のロシア400mリレー金メダル剥奪

再検査で違反判明

 8月16日、国際オリンピック委員会は、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。写真中央は同レースでのチェルモシャンスカヤ。北京で2008年8月撮影(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。

リレーチームのユリア・チェルモシャンスカヤ選手のサンプルを再検査したところ、禁止薬物のステロイドに陽性反応を示したという。これにより、ロシアチームは失格処分となった。同種目ではベルギーが2位、ナイジェリアが3位だった。

また、IOCは国際陸上連盟(IAAF)に対し、競技結果の修正とともに、さらなる対応の検討を求めた。

ロシアの陸上チームは国ぐるみのドーピング違反が明らかになったことで、米国を拠点とする選手1人を除きリオデジャネイロ五輪には出場していない。

関連記事
トピックボードAD
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。