北京のロシア400mリレー金メダル剥奪

再検査で違反判明

 8月16日、国際オリンピック委員会は、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。写真中央は同レースでのチェルモシャンスカヤ。北京で2008年8月撮影(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2008年北京五輪の陸上女子400メートルリレーで優勝したロシアの金メダルを取り消し、返還を命じたと発表した。

リレーチームのユリア・チェルモシャンスカヤ選手のサンプルを再検査したところ、禁止薬物のステロイドに陽性反応を示したという。これにより、ロシアチームは失格処分となった。同種目ではベルギーが2位、ナイジェリアが3位だった。

また、IOCは国際陸上連盟(IAAF)に対し、競技結果の修正とともに、さらなる対応の検討を求めた。

ロシアの陸上チームは国ぐるみのドーピング違反が明らかになったことで、米国を拠点とする選手1人を除きリオデジャネイロ五輪には出場していない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。