体操・男子跳馬、白井が新技成功で銅メダル

リ・セグァン(北朝鮮)が金メダルに

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、体操の種目別決勝、男子跳馬では白井健三(右)が15.449点で銅メダルを獲得した(2016年 ロイター/RUBEN SPRICH)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、体操の種目別決勝を行い、男子跳馬では白井健三が15.449点で銅メダルを獲得した。

白井は1本目で新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」に成功し、15.833点をマーク。2本目は15.066点だった。白井は今大会、団体総合で金メダルを獲得した。

リ・セグァン(北朝鮮)が金メダルに輝いた。

男子つり輪ではエレフテリオス・ペトルニアス(ギリシャ)が優勝。女子平均台ではサンネ・ベフェルス(オランダ)が金メダルを手にした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT