柔道で握手拒否のエジプト選手、帰国処分に

「イスラエルの選手と握手したくなかった」

 8月15日、国際オリンピック委員会は、リオ五輪の柔道の試合で対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプトのイスラム・エルシェハビ選手(左)が帰国処分を受けたと明らかにした。12日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は15日、リオデジャネイロ五輪の柔道の試合で、対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプト選手が帰国処分を受けたと明らかにした。

12日に行われた男子100キロ超級1回戦で、イスラム・エルシェハビ選手(エジプト)はオル・サソン選手(イスラエル)に一本負け。試合後にサソン選手が握手しようと手を差し出したところ、エルシェハビ選手が拒否し、観客からブーイングを浴びた。

エルシェハビ選手はイスラエルの選手とは握手したくなかったし、柔道のルール上も握手する義務はなかったと主張。しかしIOCはその行為がオリンピック精神とフェアプレー規則に反するとし、懲戒処分とした。

IOCは「エジプト・オリンピック委員会に対し、今後はすべてのアスリートがオリンピックの価値について正しい教育を受けてから大会に臨むよう徹底を求めた」と説明した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。