柔道で握手拒否のエジプト選手、帰国処分に

「イスラエルの選手と握手したくなかった」

 8月15日、国際オリンピック委員会は、リオ五輪の柔道の試合で対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプトのイスラム・エルシェハビ選手(左)が帰国処分を受けたと明らかにした。12日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は15日、リオデジャネイロ五輪の柔道の試合で、対戦したイスラエル選手との握手を拒否して物議をかもしたエジプト選手が帰国処分を受けたと明らかにした。

12日に行われた男子100キロ超級1回戦で、イスラム・エルシェハビ選手(エジプト)はオル・サソン選手(イスラエル)に一本負け。試合後にサソン選手が握手しようと手を差し出したところ、エルシェハビ選手が拒否し、観客からブーイングを浴びた。

エルシェハビ選手はイスラエルの選手とは握手したくなかったし、柔道のルール上も握手する義務はなかったと主張。しかしIOCはその行為がオリンピック精神とフェアプレー規則に反するとし、懲戒処分とした。

IOCは「エジプト・オリンピック委員会に対し、今後はすべてのアスリートがオリンピックの価値について正しい教育を受けてから大会に臨むよう徹底を求めた」と説明した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT