原沢が銀、柔道男子は全階級でメダルの快挙

女子の山部は銅

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、柔道男子100キロ超級の決勝で原沢久喜(左)はテディ・リネール(左から2人目)に優勢で敗れ、銀メダルとなった(2016年 ロイター/Murad Sezer)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、柔道2階級を行い、男子100キロ超級の決勝で原沢久喜は2012年ロンドン五輪金メダリストで6年間無敗のテディ・リネール(フランス)に優勢で敗れ、銀メダルとなった。

原沢は試合後、「勝ってこそ意味がある。これからチャンスある限り挑戦し続けたい」と述べた。

女子78キロ超級では山部佳苗が準決勝でロンドン五輪金メダリストのイダリス・オルティス(キューバ)に優勢で敗れたが、3位決定戦でカイラ・サイト(トルコ)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。

柔道はこれで全階級を終え、日本の男子は7階級全てでメダル獲得を果たした。男女合わせてのメダル数は金3、銀1、銅8の12個となり、1大会で過去最多となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。