原沢が銀、柔道男子は全階級でメダルの快挙

女子の山部は銅

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、柔道男子100キロ超級の決勝で原沢久喜(左)はテディ・リネール(左から2人目)に優勢で敗れ、銀メダルとなった(2016年 ロイター/Murad Sezer)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、柔道2階級を行い、男子100キロ超級の決勝で原沢久喜は2012年ロンドン五輪金メダリストで6年間無敗のテディ・リネール(フランス)に優勢で敗れ、銀メダルとなった。

原沢は試合後、「勝ってこそ意味がある。これからチャンスある限り挑戦し続けたい」と述べた。

女子78キロ超級では山部佳苗が準決勝でロンドン五輪金メダリストのイダリス・オルティス(キューバ)に優勢で敗れたが、3位決定戦でカイラ・サイト(トルコ)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。

柔道はこれで全階級を終え、日本の男子は7階級全てでメダル獲得を果たした。男女合わせてのメダル数は金3、銀1、銅8の12個となり、1大会で過去最多となった。

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。