卓球女子団体で日本2大会連続でメダル

3位決定戦でシンガポールを下す

 8月16日、リオデジャネイロ五輪、卓球女子団体の3位決定戦で、日本はシンガポールに3─1で勝利を収め、銅メダルに輝いた。2012年ロンドン五輪の銀に続き、2大会連続のメダル獲得(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は16日、卓球女子団体の3位決定戦を行い、日本はシンガポールに3─1で勝利を収め、銅メダルに輝いた。2012年ロンドン五輪の銀に続き、2大会連続のメダル獲得。

第1試合で福原愛がフルゲームの末に敗れたが、石川佳純がストレート勝ちすると、第3試合のダブルスでは福原、伊藤美誠組が3─1で勝利。第4試合では伊藤が3─0で快勝した。

石川は「うれしいです。最高です。メダルを取れて良かったです。今日の試合は一昨日負けてすごく悔しかったので、みんなで一丸となって戦いましたし、3人で勝ち取った勝利です」とコメント。

福原は「本当に良かったです。足を引っ張ってばかりで、皆に感謝しています。一昨日も負けてしまって、何度も思い出しては後悔してという昨日と今日でしたが、絶対に死ぬ気で勝ちにいきました。良い試合もあったけれど、苦しい試合も同じくらいあったので、本当に苦しい五輪でした」と振り返った。

*写真を更新します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。