縁もゆかりもない場所で友達を作る方法

「妻の友達」は「僕の友達」戦略?

この仕事に就きたい若い人には、自然の中でたくさん遊ぶことを勧めるよ。私が小さい頃は、水が出るまで地面を掘ったりして遊んでいた。おしくらまんじゅうをして人との距離を測ったり、ハンカチ落としで「あいつは私を狙っとる」と感じたり。外で遊ばなくなった今の子たちは、何となく「働く感覚」がすごく薄いよね。

自然の中で遊べば仕事の勘が鋭くなる?

そういう子どもの頃の遊びは大人になってから「この道を通るのはなんか嫌だな~」と感じるセンスにつながると思う。私は一人で海外旅行をするけれど、どんなボロいタクシーに乗っても危ない目に遭ったことはないよ。

今でも自然の中で遊んだ後は仕事の勘が鋭くなる。まじめに仕事ばかりしていると、ソツなくサササっとこなせるようになるかもしれないけれど、人としての深みがなくなる気がする。会話の展開も悪くなるよ。

――ところで彼氏募集中だったよね。どんな人がいいの?

一緒にスポーツをすると(運動神経と体力の差を目の当たりにして)ヘコむ人がたまにいるけれど、運動はできなくてもかまわないよ。めげずに付いて来てくれればうれしいけれど。

ジェットスキーで後ろに乗せるとその人の運動神経がだいたいわかる。ふわっと柔らかく乗れる人もいれば、私が運転しにくくなるほどガチガチになってしがみついてくる人もいる。ガチガチな人でもかまわない。それはそれで面白いから。

運動ではなくても、何かにハマっている人がいいな。一生懸命な人が好き。他人には負けない何かを持っていてほしいね。

毎週、地元の仲間とバスケットボールの練習をしています。

ジャージ姿で対応してくれた糟谷さん。普段も白衣は着用しないという。「生地の伸びが悪いので動きにくいし、パンツが透けるし、子どもに怖がられるから」と、明確な答え。接骨院の先生というよりスポーツインストラクターのお姉さん、という雰囲気だ。飾り気がまったくない。

ただし、街のレストランで会食をするときは見違えるほどオシャレで美しい姿で現れる。場面に合わせて人生を思い切り楽しもうという心意気が伝わってきて、こちらまでうれしくなる。

大阪や名古屋といった都会で勉強したものの、独立開院は西尾市のロードサイドに落ち着いた糟谷さん。地元に戻ることで肩の力が抜けたのかもしれない。本人も「周りの人への気遣いはするけれど、周りの人から自分がどう見られているかは気にしなくなった」と語る。

気遣いはするけれど気取りはしない――。大人になってから作る友人関係はかくありたいと思う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT