コマツ、無人機へのこだわり

技術畑で英語力抜群、大橋・次期社長に聞く

――大橋さんが、これまで取り組んできた印象的な仕事は?

若い頃、イギリスの工場の立ち上げにかかわりました。場所探しからビジネスプランの作成、工場の立ち上げまで全部。イギリスでは、生産だけではなくて、経理もシステムもやるようになりました。何でも勉強したのが、後々の糧になりましたね。

もうひとつ。米国のピオリア(イリノイ州)にある鉱山用のダンプトラックを造っている工場は、私がコマツ米国法人の社長だった2004年ごろは赤字のかたまりで、だいぶ厳しい状況でした。その立て直しを命じられました。売り方やアフターサービスなどのプロセスを固めて、製品の品質を改善しました。

鉱山機械の市場が回復して黒字にはなったのですが、体質が本当によくなるのには10年ぐらいかかると思っています。工場の人たちは今も同じ活動を続けています。今では鉱山機械は会社の利益頭になっていますし、彼らは自信を持ってやっている。私も彼らと一体感を共有できてよかった。

よく考えたこと、成功するまで続ける

――モットーを教えてください。

拙速は避けたいので、「熟慮断行」をモットーにしています。途中であきらめたら失敗になりますが、よく考えたことを成功するまで続けてやる。米国のダンプトラック工場の立て直しでも、慌ててやっても仕方がないので、僕が現地社員のところに行って話を聞いて原因を考えながら、品質管理や設計の専門家などに来てもらって、皆で話しながらやっていった結果、うまくいきました。トップがやる気を示し続けてあきらめなければ、組織は動くと思っています。

(撮影:今井 康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング